大人気(オトナゲ)ない栗拾い・・・

投稿者:チナミ in 旅行記  2006年 09月 29日 金曜日 at 9:19:22

秋やゆうたら世間は味覚狩りだの何だのゆうてますけど、正直私「ハイ、大好きです!」芋・栗・なんきんは私の好物の3トップ。毎年行ってる芋掘りに加えて、去年からレパートリーに入った栗拾い。

DSC05715.JPG 

まずは登山部メンバーの4人で軽~く敦賀までツーリング。今回はバイク3台で行って、いつものお気に入りの定食屋でいつもの海鮮丼1500円を。ここがまたうまいし、ええ雰囲気の演歌が似合う日本海丸出し店。今日のお刺身はカンパチ10切れ以上にウニ・イクラにエビちゃん付き。フレッシュやわあ。お刺身の枚数が多いとね、最後までええ具合のご飯の量との兼ね合いを考えてしまうよね。贅沢にもカンパチでメシ包みでいただき続け、最後はもう「しばらく刺身いらんわ。」ゆうてたわ。美味しゅうございました。

DSC05711.JPG その他メニューもイケテルんです

そして帰り道でクリ。農園では500g800円のメッシュ袋を買って、ええ感じのイガイガ栗を足で割って拾います。痛っ!!イテテ・・・。気を許すとこんなんです。無我夢中で拾って500g用袋はすぐにパンパンに。背負ってたリュックにコッソリ栗を忍ばせて気が付けばそちらもパンパンに。いい大人ってのは口だけで、やってる事は子供やね。

DSC05719.JPG 容赦なく攻撃してくるイガ栗

ええ時間を過ごし、帰りに袋をしっかり500g量られる。量りのオバチャンに

「他に栗、取ってへんやろなー!?」

「取ってへんよ~。」

「カバン見さしてもらうで!」

「え!?マジ!?」

他のみんなはうまい具合に隠してはった。私はリアルに大量の栗inリュックー!!順に持ち物チェックの抜き打ち検査。最後の私はもうドッキドキ。

「ああ、神様。中の栗をゴルフボールに変えてください。」願っても、遅かった。

「ほれ、見てみい!!これ栗やんか!!」

「終わった・・・。」

となりにいた、くわえタバコのオッチャンに

「警察呼ぼか!?」とびびらされた。

そしてその時、久しぶりに怒られた。本当に久しぶりの感覚が蘇えった。学校で先生に呼び出されて怒られてる時、立たされながらモゾモゾヒヤヒヤってするヤツですよ。そしてその時は素直にあやまり許しを得ました。

しかし、ええ大人になって怒られても、懲りずに「あのリュックやなくて、あのカバンにこうやって、ああして、隠すべきやったなー。」とか普通に来年のプランニングをしつこく練って考えながらの帰路、天罰が下った。ドシャブリの雨・雨・雨・・・。極寒視界ゼロの状態でブルブル震えてびちょびちょでお家に帰り、今日のシメらしい罰ゲームを終えたのでした。

大量の栗の渋皮煮を作り、みんなにおすそわけしようとしてたのがこの結果。哀れに思い、うまく隠したO田君が「これどうぞ。」と盗んだ栗をわけてくれた。






大人のアスレティ~ック

投稿者:チナミ in 旅行記  2006年 09月 28日 木曜日 at 19:11:56

八ツ淵の滝は大人のアスレティック。上級者コース(達者用)と普通のトレッキングコースに分かれてて、私は勿論「上級者コースでお願いします!!」

DSC05667.JPG 片道約1時間くらいかな?

森の中を歩き、滝を8つ巡るラクラクトレッキングを想像してたらあきませんよ。途中、岩山登りやら、川越え石渡りやらがあるわけですよ。随所にええ具合のスパイス、ニクイっすね。それも岩山の高い高いコト・・・。鎖を使って這い上がり、登りつめ、目下にはドでかい滝壺。「吸われる~!落ちる~!」高所恐怖症にはもってこいのヒヤ汗発刊作用が所々にもてなされてスリリング☆満載。ある意味ええ汗やね。

DSC05700.JPG 打たせ湯にしてはきついかも・・・DSC05683.JPG マイナスイオンだらけでした

本気でお猿さんになったかのような豪快な登りっぷりを見せてやりましたよ。(誰に???)

DSC05686.JPG 下を見るなーって言い聞かせながら。

水のきれいなところは空気もウマイ!!そしていつもの様に珈琲を持参のコンロで沸かして飲むのも、アウトドアーの醍醐味やね。大自然の中でホッと一息つくのがやりたいためにわざわざ。ええわあ。幸せやわあ。

お彼岸ということで初めて作ったおはぎも持っていったよ。これまた、ウマウマ♪

DSC05665.JPG おばあちゃんには絶対負けるね

前に三重県伊賀上野にある<赤目四十八滝>に行ったけど、近くで楽しむならココ!!すっごく楽しくていいですよ。八ツ淵の滝は滋賀県高島郡にあるガリバー旅行村から入山です。紅葉や楓もたくさんあるから、これからええ感じに色づいてきはるんやろね~。

四国お遍路さんが終わってすっかりネタ切れになりかけてた最近の私。夏が去ってしまった・・・。ってゆうか秋。今はもう秋。ちょっとだけ寂しい気分もまあヨシやね。世間の言う欲を欲しまくる秋をエンジョイですわ。

 






お遍路さん③ ご当地グルメ&結願

投稿者:チナミ in 旅行記  2006年 09月 6日 水曜日 at 16:14:30

いくら節約ゆうてもね、ご当地グルメはかかせません!徳島は鳴門金時イモ天や、高知は友人宅で焼いてくれた採れたてカツオのタタキ、アイスクリン。愛媛では今治市の登泉堂のカキ氷、香川はがもううどん一鶴のひなどり清水屋のところてん、75番善通寺名物熊岡のカタパン。しっかり一人でも食らって来てます!

DSC05587.JPG 高知発祥アイスクリンDSC05268.JPG 1×1=1??? DSC05424.JPG イチゴは絶品ですよ!感動!DSC05554.JPG 香川県民大好きな一鶴DSC05519.JPG 熊岡のカタパンにはまる~DSC05280.JPG 一人寂しく屋台でも・・・

そのほかは道の駅で試食に限る。コレに限る。あっつい移動で冷たい氷やアイスクリンもサイコーやし大好きなおやついもけんぴも買ったし、善通寺の名物カタパンも。なかなかな旅路でしょ?

DSC05272.JPG DSC05216.JPG DSC05475.JPG ちゃんと看板あっても迷うんです

一日にバイクに乗ってる時間8時間以上を10日間毎日。さすがに毎日クタクタ、ケツ痛い・・・。8耐レースやね。紳介もビックリやろ。

DSC05372.JPG はい!頑張ります!!

八十八ヶ所を終えて最終日、和歌山高野山の奥の院へ行ってビックリしたよ。そこの雰囲気は異常やねん。墓場の奥にあるんやけど、入った途端寒気が・・・。超有名会社の墓や慰霊碑、さらには秀吉&信長の墓までもが!!あそこは墓の美術館。厳粛な空気に包まれた神秘的な世界。もう一度訪れたい場所でありました。そしてそして弘法大師の眠る墓前で手を合わせて私はやり遂げた感いっぱいでウルウル。たった10日間やけど、次へ次へと巡るお偏路旅、私にとって貴重なええ経験になりました!!あ~、疲れた!!






お遍路さん② 修行

投稿者:チナミ in 旅行記  2006年 09月 6日 水曜日 at 15:42:01

一日に10寺巡る計算で約9日間、そして八十八ヶ所の後にはお遍路さんの教祖、弘法大師空海様の眠る和歌山は高野山、奥の院へ参って結願であり、10日の予定のこの旅路。あんまり知らなかったけど、結構お金がかかるのよ~。マネーマネー。納経いうて帳面にえらい達筆で寺の名前を書いてもらいハンコをポン。そして死んだときに着てあの世へ行くという白衣にもポン。合計500円×88寺に飲食に宿。お遍路は時間とお金と体力が勝負です。

DSC05281.JPG お堂に泊まるのって怖いんや~DSC05241.JPG 67歳の元気なオバチャン

宿も民宿ばかりじゃ金が持たん!ってね。四国にはお遍路さん用に善根宿や通夜宿といって無料で軒下や寝るだけの小屋を貸してくれるところがあります。いくらタダやというても男女が同じ場所で・・・。心配。一応テントや寝袋もバイクに積んでったよ。でも野宿の方がみんな心配してた。そりゃそうだ。私はオバケの心配の方がでかかったがな。なので、テントでビヴァークは万が一。結果、10日間で寺や通夜宿に泊まらせていただいたのは2回、四国各県にいる友人のおうちが3回、ユースホステルやビジネス3回であります。

DSC05355.JPG さすが四っ国、四っ国!安い!DSC05323.JPG 足摺岬に住んでる友達の子、ソウヘイと飼ってるヤギのミサキ。ミサキのお乳は・・・。むずかしいお味でした。

室戸岬の近くの夫婦岩で、捨て犬に出合った。出合ってしまった。「ごめんなー。一緒に連れて行けへんのんや。」心を鬼にして泣く泣くバイバイ。持ってたおやつとお茶を置いて・・・。ちゃんと拾われたかなあ。未だに心配。

DSC05250.JPG ほんまにゴメンやで~。

お遍路手段→お遍路さんには歩き、チャリ、バイク、車、観光バスと多種多様。私が回った結果、一番効率よかったのはバイクかな?山道を行く歩き遍路さんや、チャリ遍路さんの苦労。そして細い道で車がこすってブルーなおじさんなどを見た結果であります。でもバイクのデメリットは地図見ながらの運転ができないおかげで、迷宮入りの毎日でした。何回、ナビが欲しいと感じたか・・・。メリット?かな?四国の田舎の道を大声で歌いながら爆走するコト。寂しさ紛らわすのに懐メロ爆唱!

DSC05588.JPG さすが香川のお地蔵さんDSC05479.JPG 66番雲辺寺の五百羅漢像DSC05568.JPG 82番の根香寺のうしおに伝説は鬼太郎とは一切関係ないそうです

順に回ってると1日のペースで出会う人っているんよね。「また会いましたねー。」「こんにちわー。」いっぱい話しましたよ。原チャで何十回も回ってる元気なおばあちゃんや、夏休みを利用して原チャにバイクに歩きの大学生など・・・。銭湯で汗を流し、休憩所で遍路同士トランプしたり。その場限りの出会いでも皆目的は同じやさかい、変に仲良くなってました。いろんな人生歩んではりました。皆それぞれの思いを抱えて回ってはったよ。私のお遍路考は、バイクで長距離ツーリングがしたかったのと、四国の雰囲気が大好きやしね。今までは有名所にちょこちょこ行ってただけやけど寺を巡るコトで地元の道を走り、見たことない四国を見れていいかなーって。そしてうちのオトン&オカンは西国三十六ヶ所巡りをしてたけど、その上を行こうっていう娘の負けず嫌いの考えからですの。

DSC05349.JPG 遍路路の商売もなかなかやねDSC05391.JPG お昼寝中の看板オバチャンと猫

お遍路は修行なり。お遍路中に守るべき約束があります。①生き物を殺しちゃダメ ②人のものを盗っちゃダメ ③みだらな性欲はダメ ④ウソツキはダメ ⑤必要以上に飾り言葉はダメ ⑥悪口はダメ ⑦二枚舌はダメ ⑧欲張りはダメ ⑨怒ってはダメ ⑩よこしまな考えはダメ この10の約束、守れると思う?私アカンかった・・・。お寺で泊まった時、蚊を10匹は殺したし、道に迷った時や、大雨のお偏路路で「ブーブー」ゆうてたもん、失格。

DSC05357.JPG 癒されるわーDSC05430.JPG 何をお願いしたでしょう!?DSC05590.JPG 寺には個性的な手ぬぐいが売っててね、手ぬぐいコレクションっす!

そしてお遍路さんに四国の人たちはすごくやさしい。「お接待」っていうておやつをくれたり、お茶をくれたり。ありがたい!!お接待を受けたらお礼に名前を書いた納め札を渡します。アレはお遍路中の名刺ですねん。女の子が一人バイクで来てるとなると、オッチャンなんてもっとやさしい。世界中でオッチャンは女の子にやさしいんやね。立証。






四国八十八ヶ所バイクでお遍路さん一人旅①

投稿者:チナミ in 旅行記  2006年 09月 6日 水曜日 at 14:20:02

060829_0855~0001.jpg  特攻服(遍路の白衣ね)で気合い入ったっす!

だって、お遍路さんはやりたかった事リスト、上位にランキングされてましたもん。

DSC05193.JPG 霊場1番 霊山寺DSC05579.JPG 霊場88番 大窪寺DSC05595.JPG 最終は高野山奥の院 大師様の眠る場所へ

順打ち→霊場1番から順に88番まで巡る   逆打ち→88番から逆に1番へ   区切り打ち→県ごとに区切って巡る   昔、ネットで見たお遍路するのに反対回りは呪われる・・・。っていうウワサを信じ、ビビリのアタシはもちろん順打ち確定。和歌山港から徳島港までフェリーを使い、1番の寺でお遍路グッズを買い揃えて出発!!天候にも恵まれて1番から10番までは余裕よゆーって。近いしね。でも11番あたりからド田舎ラビリンス。看板を見逃したらもう、アウト~オ!!迷いまくって、田舎のじいちゃんばあちゃんに道聞いても「I can’t understand!」何語ですかい?

DSC05387.JPG ①門前で合掌DSC05296.JPG ②左右の手をすすぎDSC05343.JPG ③お線香とローソクをあげてDSC05377.JPG ④納め札を入れて

DSC05484.JPG ⑤お参りですDSC05367.JPG ⑥納経してもらってDSC05517.JPG ⑦門を後にしますDSC05247.JPG 雨から守った大事なグッズDSC05411.JPG お遍路の回数によって納め札の色がちがいます 一番右は100回以上のツワモノしか持てない錦札

★お遍路さんマネキンファッションショー★

DSC05539.JPG DSC05524.JPG DSC05192.JPG






« 前の泣きページへ