青春18キッパーの旅

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 03月 26日 月曜日 at 22:03:38

18歳しか使えないと勘違いしていた青春18切符。初めて購入し、使用してみた。目的は、①横浜にできたIKEAで買い物 ②東京で岡本太郎のアトリエ見学 ③リリーフランキーのおかげでさぞかし客も増えたであろう東京タワー+ろう人形博物館へ

特急使わずに行くっていうのはかなりの時間を要します。時刻表を片手に、暇つぶしgoodsをもう片方に、そして軽装。だって乗り換え走るもん。席取り合いやもん。同行のOS隊員も私の話し相手になってくれた。

朝5:30発の京都駅で、着いたのが午後2:30。約9時間の電車旅はかなりおもしろくて、そんなに疲れずでOKやったんね。タモリ倶楽部に出れるかも。電車マニアといろんな場所を目指してるキッパー達との沈黙のヤリトリ。で、あっちゅうまに着いた?気がするよ。初めて10分間で立ち食い蕎麦を食し、やけどしながら腹を満たす。キッパーの醍醐味はいっぱいあるよ。

IKEAとは・・・。ウワサに聞いてるスウェーデン家具のショールーム的倉庫でとにかくバカデカイ。かわいくて、チープでナイスです。ワタクシ、今年自分のアトリエ(作業場というか)をOPENさせようと思ってまして、その準備物をゲットしに伺ったのであります。睡眠不足そっちのけで、巨大倉庫中カートを押してぐるぐるぐるぐる。入り口でメジャーと鉛筆をもらってチェックし、最終のデカイ棚から自ら引っ張り出すシステム。3時間のショッピングの予定がCLOSEまでいてしまい結局6時間。でもでも、たりません1日おれる。もっといたい、もっと買いたい。疲れたらチーププライスサンキューなカフェも併設やしね。やっと、レジが終わったかと思いきや、全てセルフサービス、ノンサービス!梱包も、送りの手配もセルフで。安いものを買ったのに、送料が・・・。圏外ですってよ!わざわざ京都からお出ましになったのに!まあ、しゃあなし手持ちも加えて、頑張って安く収めるに限る。足は棒のようにジンジン、腕はパンパン、財布はピーピー。

DSC06118.JPG 引っ張り出すのです。

DSC06122.JPG それを梱包作業中。

その晩は、渋谷センター街でセンターGUYを探したけどいなかった。最近の若者を探したけど、スペシャルなんはいなかった。残念。宿をさがし、2日目、IKEA疲れも取れぬまま早起きして、雨の中、岡本太郎のアトリエへ。やっぱり爆発しとったよ芸術が。そのまま残された太郎氏のアトリエに吸い込まれそうになり、いつかは登ってみたい太陽の塔のフィギュアを買った。

DSC06125.JPG 太郎さん。熱いよ。

DSC06133.JPG バナナの木が茂る庭のオブジェ

時間があればハトバスに乗りたかったなー。何でハトなんやろう。幸せのシンボル?東京タワー、あなどるべからず。人気者やね。長蛇の列にビックリしたよ。キャラクターのノッポンは双子ちゃん☆ちょっといやらしいシルエット。

曇ってる東京を目下に、まあまあな気分で見下ろして、併設のろう人形博物館へ。なんでやねんっていうツッコミは必要よ。ハリウッドスターにロックスター☆キリストにモナリザに、なぜかタワーつくったおじさんまでも。笑ってしまう素材は多い。そこにはKIDSが大好きなガチャポン(私はガチャガチャって言うんやけど)があり、内容はSMでの縛り方?がいろいろ形になってるフィギュアのガチャポン。昔、タモリ倶楽部でタモさんがコレについて熱く語ってたのを思い出した。

何も知らないKIDSが 「ガチャポンしたーーーい♪」 と言い

お母さんが 「コレはダメ!見ちゃダメ!!」 と言っていた。あなどれないろう人形博物館。

DSC06146.JPG OS隊員オドロキのクリソツ人形

DSC06143.JPG 何で作業着?ダイアナ妃・・・。

さてさてイベント目白押しなんですけど、早くに出発しないと1泊2日の上京物語は時間との戦い。午後2時に出発のはずが、東海道本線で人身事故があり、しばらく運休のアナウンス。おいおい!飛び込むなら次の日にしておくれよ。他人に迷惑かけて死なないでよ。おかげで3両編成の熱海-浜松ぎゅうぎゅう詰めのたちっぱなし2時間半の運命に。やっぱりシメは甘くないのね。いい大人やけど、新幹線は使いません。だって高いもん。

 DSC06114.JPG これ、ガースー看板ちごたっ?

振り返ると18キッパー、体力とテンションが必要ね。本も読めるし、オセロもできるし、蕎麦も2回も食ったし。まあ、ヨシ!エライ疲れましたけど・・・。

という訳で、初めてのキッパーレポートでした。






潜入!!メイドカフェレポート

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 03月 5日 月曜日 at 10:47:14

オサレカフェでなく、今回は初メイドカフェに潜入して参りましたよ!

京都のガンショップの二階にある某カフェ。入るやいなやメイド衣装の若いメイド嬢が出迎えてくれましたよ。

「お帰りなさいませ~☆」 

いらっしゃいませが、メイド語になるとこうなるんやね。勉強。

店内は満席御礼で待ち時間約30分。今日の予定にメイドカフェが刻まれてる以上、引き下がる訳にもいかず我慢して待った。そして空いて席につくと、

「○○様、ご帰還で~す☆」

店内はいたって普通のカフェ。メイド嬢の衣装の柄が迷彩なのはガンショップ繋がり?そしてアタシの目を釘付けにするのはメイドではなく、メイド目当ての殿方たち・・・。お顔を拝見する限りでは皆様結構なお年頃なんでしょうね、きっと。ダーツをランニング1枚汗だくでやっておられた中西啓三似のムキムキマンや、衣装は大半くるぶし上の短めモッズ丈。大盛早食い競争が突如行われたり、店内のお客様は一致団結ぎみの応援ムード。完食時にはみんなで拍手!

ストップウォッチを持ったメイド嬢が「頑張って☆きっとできるよ☆」と専属でずーっと応援してくれるもんやから、食べれなくても、値段高くてもみんなやってしまってる。そして、うれしそう。

コーヒーに関していうと案の定、まずいです。サービス代やと思ったら納得できますけど。でもメイドに関して言うともっときつめを想像してたからチョッと物足りないかも。京都よりアキハバラ。人間ウオッチングに行ってみたいです。

メイドカフェにそろそろ飽きてきて、帰る時にもメイド語です。

「行ってらっしゃいませ~☆」

すいませんけど、もう帰ってきませんけど!!

正直、きついけど楽しめるかも。アタシはアリです。今度はウェイトレスがツンケンしてはるカフェにむかつきに行ってみたいと思っております。

そして、店内撮影禁止。そりゃ、みんなのアイドルですもんね。






« 前の泣きページへ