アトリエ計画 その3

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 05月 25日 金曜日 at 11:57:36

やっと理想のアトリエっぽくなってきた!

毎日の現場では、ハサミを持つよりハケや電ドリが右手に馴染みだしてるんやけどね。正直の話、ここまで出来るとは夢にも思ってなかったのね。ド素人がやるんやもん。

オトンに最初に

「自分でアトリエ工事したいいにゃわ」と相談したところ

「アホかお前!現場をなめんな!!」と、どやされたのを思い出しました。

しかしながら、アカンていわれたらやりたくなるし、やりたい事を成し遂げるのがアタシの性分ってオトンは知ってるから、今は一番心配してくれてます。しかしながら、親子。遠慮もなけりゃ気遣いもナシ。テンションによっては大喧嘩。

ハコができるまではすごく大変な日々でありました。あらゆる塗りもの系に入るまでの下地はすごく大切でペンキできれいに見せるためにも苦労をしなきゃダメなのね。まるで女だわ~。ファンデの前の基礎が大事。その通り。色のついたお化粧をしはじめたら後は着飾って鼻歌うたってルンルンって。その通り。ペンキ塗って、内装に入りだした今!!すんごく楽しい。聞き飽きた802もなぜか心地よく耳に入って来るし、今まで集めた雑貨達を飾り出して、ルンルンですの。

アタシはすごく気に入ったものは大事にとっておくクセがあり、高校1年生の時からフリマにはまり、買った真鍮のフックや雑貨がアトリエでやっと披露されてる。実家の部屋では使ってもかわいくならないのにここにきてやっと。世界一周しながら行きまくった蚤の市で集めた雑貨もね。

DSC06420.JPG

とりあえずは、カタチになってきていますよ。

DSC06395.JPG

そもそも、自分が行きたい店・働きたい空間・また来たいなって思える場所作りを目指してたから、妥協は許しませんよ。こだわりはこだわり。理解に苦しんでも何とか受け入れてもらってよかった。

DSC06388.JPG

気に入ってるスペースは結構アリ。キッチンカウンターは大好き。タイルを360枚張って目地埋めして。オサレーなカフェ店員のように「いらっしゃーい」ゆうてますの。天井も好き。下地で泣かされペンキでも泣かされ。一番苦労を供にしたもんね。おかげで脚立から脚立にホイホイ移動ができるようになりました。シャンプーブースも大きな窓からたくさん入る自然光が気持ちいい。トイレの、あの密室の空間こそ大事。一人になれる場所ですから、見るトコ見るし。DJブースもありまして、かっこよくレコード並べたり、重たいスピーカーから出る音はきっといい仕事に繋げてくれる。そしてカットスペースは廃材の木の味。何でも味やなーゆうて片付けてますけど。入り口のドアはみんなを向かえ入れる最初のモノ。親戚のオッチャンに頼んで作ってもらいました。やっぱり理解に苦しんだようですけど。

DSC06390.JPG

みなまでは言いません、どんなんか。オープンしたら遊びに来てね。






気づいたら誕生日

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 05月 25日 金曜日 at 11:57:20

日々アトリエとホームセンターコーナンの往復の毎日を送ってました。私。去年の今頃はペルーでマチュピチュ上ってたなーとか考えながら。でもクタクタ、ドロドロではいい仕事ができやしない!息抜きも必要で、工事お休み&自分の定休日を作って行って来たのが「イチゴ狩り」!OS隊員の実家では毎日収穫作業が行われてるのね。(趣味の畑ですけど本格的)今回はさすがにチャリではないけれどお邪魔して、保育園児時代以来のイチゴ狩りにキャッキャゆうてきました。なんせ大好きイチゴちゃん。甘い甘~いイチゴをたくさん採っては食べて。10パックお持ち帰りです。大事に育てられたイチゴはすこぶる赤くておいしかった♪ご馳走様でした!食べきれないから実家に渡し、友達に渡し、そして凍らす。ヨーグルトとミルクでイチゴシェイク。5月生まれでよかった。イチゴ好きでよかった。

DSC06374.JPG DSC06378.JPG 

で、私は5月20日生まれです。その日も朝からひたすらアトリエ工事。やってしまわなきゃ駄目な作業が続々出現し、コツコツしてたらこんな時間!って20日の0時済んでました。その場にいたOS隊員と大工の友達におめでとうと言ってもらった。けど、私はカウンターのタイルの目地埋めに必死こいてた。疲労感のほうが感動よりでかくて、その瞬間はなんやかんやで過ぎ去ってました。

でも、20日の日は大好きなコムトジュールのベリーのタルトをアトリエにサプライズで用意してもらってたーっぷり頂いた!あー、幸せ。疲れたカラダに甘いモノ・・・。工事を終えて夜は登山部隊長が働いてるフレンチをOS隊員がご馳走してくれました。普段は、スーパーのお惣菜や弁当なんかを食べてたもんやから久しぶりのご馳走にワクワク。全部おいしかったー。前菜からメインの子ウサギも、そしてデザートも。いいもんやねー、ご馳走は。ワインでいい気分にすぐなって、ガキ使罰ゲームに出てた山田花子になっていた私、グデングデン。

DSC06401.JPG タルト独り占め♪DSC06408.JPG 別腹スウィーツ

ここ2年で毎年の環境が変わってきてるのがおもしろい。去年はペルーで誕生日を祝ってもらったし、今年はアトリエ間に合ってたら・・・。と悔やまれますけど、楽しんでるから、まいいっか!みなさん、たくさんのお誕生日メールありがとうね。いくつになってもやっぱり誕生日ってうれしかった!






エンジョイGWの旅

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 05月 8日 火曜日 at 0:02:12

GWってば、本当にゴールデンなのね・・・。アタシは初めてGWらしいGWを経験しましたよ。The・九州横断の旅!アトリエ工事の疲れを癒すべく、OS隊員と供に車でGO☆高速は混んでるであろうという予測の下、南港からフェリーで12h。早朝に北九州に上陸、そして九州旅路へ。考えではゆっくり寝て行けるハズだった。ハズだったハズ・・・。2等クラスの雑魚寝ルームは人を選べないし、隣が誰だろうとお構いなし。アタシの隣にはトドがいた。いびきがものすごいごっついトド。うちのオトンも世間では有名なトドだけど、隣のオッサンはオトンを上回るキングだった。12h吠え続けとったな。おかげで眠れず、夜中に口ふさいだろかいなと殺意さえ感じさせる位の吠えっぷり。

なにはともあれ、無事九州に着いて熊本県の秘境、黒川温泉へー。朝一番から3つの湯巡りをしてきたよ。中でも初体験!洞窟風呂は混浴の風呂でね。朝一やさかいオッサン1人やしかまへんわー。ゆうて入ったのが間違いやった。後から後からオッサンが・・・。ハダカのアタシはオッサンに囲まれて出るにも出れず、汗ダクのままオッサンの人数が減るのを待った。しかし、オッサンもアタシが出るのを待っていた。この勝負、アタシ負け。隠すとこ隠して、ちょっとサービスして急いで服着たがな。金くれー! 気を取り直し、2つめは乳白色の露天風呂、3つめは美人湯へー。3つめがすこぶるよくって、お肌プルプルたまご肌になったよ。3つ入って1200円の通行手形はお買い得です!洞窟もかなりええ湯でしたけど。

DSC06262.JPG 温泉宿のマッチがかわいい

DSC06252.JPG 懲りずに足湯でほっこり~

午後からはバイクでツーリング客の多い阿蘇山。晴天に恵まれて、そりゃもういいドライブでした。バイクええなーいいながらね。いつかアタシも!シバザクラが満開の公園ではでっかいおむすびほうばって、お花畑でハイポーズ。またまたええ年やけど、乙女ちゃんになったヒトトキです。その日は阿蘇の安宿素泊まり2000円で一泊。その晩も温泉につかり、4回目の入浴。ここは湯には困らへんねー。あっちこっちに温泉出てるもん。ふやけるわ。地元で有名なラーメン屋、その名もマグマ食堂で晩御飯。お味は・・・。熊本らーめんってこんなんか?でした。

DSC06293.JPG 修学旅行気分♪

DSC06274.JPG ちょうど満開シバザクラ☆

DSC06267.JPG 景色もバッチシ。

2日目、早朝出発で長崎へ。今回のメインイベント「軍艦島」ですよ!廃墟マニアが聖地と言ってる軍艦島はどろろ~んな無人島。炭鉱があった時代はバブリーな住人がたくさん住んでて、小さい島のため居住は上へ上へと伸びていく。昔では珍しい鉄筋コンクリートマンションが雨風にさらされてた。病院も幽霊でそう・・・。島自体、お化けだらけな感じがしたな。アタシは何も感じないけど、きっと出るなあそこは。香港の九龍城に似た雰囲気で上陸ができないのが残念やけど、クルーズでは事細かく説明アナウンスを流してくれてて廃墟マニアと撮影場所争奪戦になって一汗かきましたけど。軍艦島はこれからもどんな風に廃墟を増していくのかを見続けるらしい。保存はお金がすごくかかるんだって。前日の晩にサウナでオッサンが「明日は昼から雨きよるばい」っていうてた事もあり朝一のフェリーで行ったはいいが、朝からどしゃ降りじゃんか。まあ、いいや。雨風に耐えながら、いいシャッター切るためにデッキに出てびっちょびちょ。100分クルーズは想像以上に寒くてきつかったな。でもここは黒潮が流れる絶好の釣り場らしく、上陸あかんのになぜか釣り人の姿が!ちょっとウラヤマシイ。

DSC06306.JPG 軍艦島全島

DSC06309.JPG 窓も何にもなくて怖っ!!

DSC06317.JPG マニアが怖っ!!!

お昼は中華街で皿うどんにちゃんぽんを。ちゃんぽんおいしかった!長崎って感じ!!関西でちゃんぽんはあんまり食べないからどれがうまいだの言えませんけど。お野菜いっぱいやし、濃厚なスープが◎。麺は太いラーメンみたいで、コシもある。長崎にはどこにでも「リンガーハット」っていうちゃんぽんのチェーンがあってん。こっちでいう横綱かな?

午後からはグラバーさんの庭やら観光したんやけど、雨じゃ・・・。長崎は今日も雨だった。そしてOS隊員の故郷でもある長崎市内をブラブラ。って、足痛いわいな!坂多いっちゅうねん。路面電車が走る市内は坂・坂・坂の連続。雰囲気いいけど生活しにくいやろうなー。お買い物帰りにリンゴが転がったらとことんまで転がるやろうし、キャッチボールなんかしたらキャッチに必死、バッテリー付のチャリに乗ってても充電切れの心配ばかりしそう。案の定、自転車屋さんはいっこもなかった。

その晩はスーパー銭湯的な温泉に宿泊。1800円で温泉風呂入り放題、朝までリラックスルームで安眠。遊びやご飯にお金をかけても宿にはかけない主義は未だに抜けてませんの。

3日目、やっぱり長崎は雨です。OS隊員は親戚の結婚式のため、一人アタシは長崎雲仙に嫁いだ友達に車飛ばして会いに行く。久しぶりに会う友達には京都みくら屋の「旅奴」をおみやげに。(←ウマイ。)なんせ田舎なもんで駅の場所もバス停もわからへん!って言うもんやから車で家まで行きました。地図片手に。家ではしゃべりまくって喉カラカラ状態に。友達もこんなとこまで来てくれてうれしがってたから来た甲斐があったね。っつうかね、住んでる友達よりアタシの方が道詳しくなってるじゃんか!車運転しなきゃ、アカンでって叱っときました。家にいっぱなしは腐るでって言ってやってからグッバイしました。

その晩はやっとこさちゃんとした宿舎ですよ。雲仙のお宿に。アタシの分まで宿を親戚の方がとってくれてました。ありがたい・・・。夜の結婚式後の親戚の宴に参加し、長崎弁を不理解しつつ、ごちそうをパクリ。またまた温泉に入ってのんびりー。ふやけるわ。

最終日はGO TO HELL!!!地獄を見てきました。硫黄臭たちこめる地獄はあらゆる所からモクモクと煙が。本当に地獄絵図やね。温泉卵がおいしいよって聞いて買ってみた。割ってみた。「???」これってば、にぬき(←ゆでたまごの事ね)やんって程固かった。売ってるオバアは「じゅるじゅるやけん、一人で5個はいけるたい!」っちゅうとったがな。だから5個も買ったのに。ゆで時間ミスったなコレはー!!

DSC06335.JPG 標語かコレ?ってつっこんだ。

DSC06334.JPG ブクブク地獄は結構臭いのね。

そのまま島原市にむかい雲仙普賢岳の土砂災害のあったところを見てきた。ニュースで見た山沿いの流れ出た後には、もう緑があった。当時は土石流や火山灰で大変だったそうでOS隊員のいとこも京都まで疎開してきてたって。自然ってすごいな。生きてるんやから、噴火もありえるんやもんね。島原名物「かんざらし」を食べてきたよ。小ちゃい白玉の甘いシロップ漬け。おいしくてやさしい味でした。最終日の午後はまた、北九州まで移動。途中帰り道で親戚のおっちゃんが教えてくれたラーメン屋で熊本ラーメンをリベンジ。値段にビックリ450円。そしてうまいし大満足!ありがとうおっちゃん!グッジョブ!!

DSC06338.JPG  なぜ?たけし手巻き猫が。

DSC06345.JPG 教えてあげたい「あづまラーメン」

そしてフェリーに乗り込む。ギリギリセーフで。またトドがいたらどうしよう・・・。そんな心配をよそに遊び疲れの、連日早朝起きが高じて爆酔できました。もしかしたらアタシがトドになってたかも。いやいや、寝言がひどいからひとりで喋ってたかもしれませんけど。






« 前の泣きページへ