かじって京都。

投稿者:チナミ in 旅行記  2007年 08月 30日 木曜日 at 12:49:34

ハゴロモのみつまめの缶詰。

寒天とおみかんとシロップは喜んで食べていた小さい頃。そして黒い、ややデッカイ豆。あずきでもない変な豆。アレが嫌いでオカンにあげてたあの脇役豆。ご存知?赤えんどう豆らしいです。大人が食べるあの豆を、あの豆メインの豆かんを食べに行く年頃になった私。おとな。

銀閣寺近くの某有名店でひんやり夏スイーツいただいてきました。黒みつのやさしい甘さがあの豆を引き立ててました。バニラアイスをトッピングしてみたりして、豆好きにはたまらん一品です。そしてもうひとつはアイスと煮あずき。ぜんざいの冷たい版です。あんこ好きにはたまらんでしょうね。はい。ふらりと立ち寄る場所ではないけど、きっとまたおかんを連れてでも行ってみよう!

DSC06681.JPG 豆だらけ。

京都の有名店を、なんで有名なんかを。なかなか行かないけど、知ってはいるお店。昔働いてた美容院を下がったとこにある「じゃこ山椒」で有名なしののめさん。買ったことなかった。だってじゃこ山椒ってば家で作るもんであって買うもんではないと思ってた。近所のおばちゃんがくれるもんやと。友達への手土産に選んだ品は、どんな味なんでしょう。自分が試さず、噂で買ってみるパターン多いです。自分へ買うのはもったいないんです。そうそう、こないだお客さんから「近為さん」のお漬物をいただいた。柚子こぼしが有名の様。さすがにおいしく上品で、オカンが作るぬか漬けとは違う!漬物も同様、買うものでなく家で作るモノっていう意識が抜けなくて、今まで買った事がない。おいしいけど、やっぱオカンの白菜のぬか漬けには負けるんだな。おもたせガイドブックなんかに載ってて、情報だけは知ってるパターン。みんなはどう?






« 前の泣きページへ