サニーの始まり

投稿者:チナミ in 旅行記  2008年 05月 21日 水曜日 at 13:56:38

今度の25日にやる「情熱大陸」でU25で活躍する若者特集のCMを見た。25歳以下の熱い若者たち。いいねえー、何やっても楽しい年代なんやもんね。でも、わたし。25歳になってからのほうが仕事楽しかったなーって思い出した。そして昨日また一つ大人になってしまいました。サニーになったのね。

O30(オーバー30)、私は気付いたのです。20代ってなんか中途半端やねん。一生懸命何かをやっててもシックリきいひんっていうか、満足してるんやけどあと10パーセント足りひんっていうかー。で、気付いたら20代で稼いだ経験値がやっとこさO30になって開花しだしたみたい。だからO30バンザイなんよ!オモロイけどモロイO30。

080521_1012.jpg

バースデー。1年で自分だけのスペシャルな日。オメデトメールもいっぱい貰ったし、カリエンテ向かいのすし☆ぼんはお花を届けてくれたし、OS隊員のお義母さんにはチョコレートケーキ用意して貰った。OS隊員もシッカリ内緒で購入してたイルビのバッグと焼肉ディナーを。ああ、素敵感激やわ・・・。みなさまアリガトウ!いくつになっても嬉しいバースデーやったなー。今日は特別って感じが何かソワソワさせくれるんやけども次の日の朝、うちのオカンから電話があった。「あ、ゴメンゴメン!!昨日誕生日やったな。忘れてたわ!!」ですってよ。腹痛めて産んだ子ちゃうんかいっ!ってね。

昨日だけが特別なんやしっていうたら横でOS隊員が「毎日がスペッシャール♪毎日がスペッシャール♪」って竹内まりあを熱唱してくれた。ありがとうね!






B級イチゴの行方

投稿者:チナミ in 旅行記  2008年 05月 19日 月曜日 at 10:19:42

以前チャリで行った事もある、木津川市のOS隊員の実家では只今イチゴ祭り開催してまして、今日久しぶりにイチゴを狩って来たのね。その量が半端ナイ!!狩ってるしりから食べまくってもまだまだレッドフェイスが葉っぱの間から顔を覗かせちゃってカワイイのなんので。

DSC07930.JPG 今年は豊作じゃーっていうてたよ

20パック以上じゃきかへんなー。収穫後の量にビックリよ。毎年この季節にはお世話になるからスーパーで売ってる398円のイチゴに手を出したいケド我慢してた私。さりげなく夕食後にお口直しのデザートでも・・・っていう一般家庭の風景に付き物のフルーツをスーパーで買うような心の余裕がなかった私にやっとイチゴちゃんが歩み寄って来てくれたのね。それも超大量に♪ゴージャスに♪あ~ん、シ・ア・ワ・セ♪

DSC07938.JPG イチゴを触りまくった指はドラキュラアイス食べた後のベロのよう

家族みんなで収穫したイチゴの選別作業をせっせとやるのです。ひよこのオスメス選別かのごとくA級かB級か・・・。A級クラスに入ったイチゴは虫食いもなく、打ち身もなくって美しい容姿の美人イチゴ。彼女らはきれいにパックに並べられて家族や近所やお友達に貰われて喜ばれて嫁ぐのです。そしてB級イチゴとは、結構いい線行ってるんやけどチョットおしいわー。って言われたサブ。でも十分にええイチゴちゃん。そして私はB級扱いされたサブイチゴを帰ってからすぐにジャムにするのであります!!初挑戦であります!!!

DSC07945.JPG まずは綺麗に洗ってグラニュー糖振りかけて水分だします

DSC07947.JPG 煮込んでレモン汁も入れたらジャム!!流行の名前はコンフィチュールですか?Bなアナタはジャムでええです。

この日はお正月みたいな一日やった。OS隊員の弟家族も和歌山からやってきてて、久しぶりに甥っ子ちゃんとも遊べたし、お母さんは「夢が叶ったー☆」って。コツコツ育ててる自家菜園の収穫祭をして家族みんなでワイワイ夕食を囲むのが憧れやったって。私には田舎がなかったから小さいころから田舎に帰るって事が夢でしたよ。団欒もです。ええとこに嫁げたと、感謝しております。帰りには根こそぎ頂く、救援物資にも感謝です。

DSC07939.JPG GOLDEN EGGS好きの甥っ子は2歳。レアです。

さて、しっかり煮沸消毒もしたビンに落ち着いたジャムのお味は・・・。

うますぎるー!自画自賛?いいえ、ウマイっす。朝パン派の私にずっとしばらくお供していただこうと思ってますよ。これがB級からA級に昇格したイチゴちゃんなのでした。

さてさて、そんな今日は最後の日です。サーティーワンアイスクリームをプレゼントにシャレで貰ってから一年が終わろうとしています。誕生日をまた明日迎えるまでにせねばならん事をさっき考えて、やってみたら甘い甘いジャムだったのでした。






Angkor Wat 1

投稿者:チナミ in 旅行記  2008年 05月 10日 土曜日 at 8:55:21

メラメラジリジリ太陽の照りつける灼熱のカンボジアの旅行はね、そりゃもうエエモン見せてもらったな。の一言。日本もGWはいいお天気に恵まれてたみたいですな。あったかくってーってカンボジア。かなり熱い時期に行ってしまった模様で、温度わからんけど多分36度以上はあったな。暑いのは平気なハズやったけど、アンコールワットを巡った3日間とシェムリアップの町でブラブラした1日に掻いた汗の量はすごかったと思う。太陽光線が痛かったんよ。

DSC07524.jpg DSC07544.jpg DSC07556.jpg

アンコールワットってすごい一杯のツーリストがいはってね、私結構田舎で何もない所かと思ってた。 小さいながらもちゃんと街があって市場に商店、マッサージ屋、食堂なんかがあったよ。アンコールワットってね、拝見する前までは私ほとんどのワットは一緒に見えてたのね。でもガイドブックをしっかり読んだし、ヒンドウー&仏教の寺院があったり宗派も違うし建てた人も違う事、石の種類や祭ってる神や神の化身やなんかも一応checkしたよ。私にしては珍しい。今までの旅行は「わースゲー。でっかー。」で終了。ちゃんと調べて見ていくと見応えがあるんだなーって後悔。彫刻もすごくいいし、架空動物なんかも妖怪みたいで面白いよ。

DSC07574.jpg DSC07561.jpg DSC07558.jpg

3日間のアンコール巡り券ってのがあってね、3日間はチケット見せたら入場できます。空港で捕まえたバイクタクシーの兄ちゃんがエエ奴で、全ての日程でお世話になった。初日はアンコールワットの朝日を見るため5時AM集合で行ったし、その後はアンコールトムって馬鹿でかいワット周辺の遺跡巡り。周辺の遺跡を回るのがどんなつらいか・・・。暑いわ、アップダウンきついわで午前中でダウンした。昼からはホテルで寝たもんね。

DSC07564.jpg

カンボジアのシェムリアップって街にアンコールワットはあるんだけれども、遺跡めぐりで疲れたカラダを癒すのはマッサージ!ちなみに私もOS隊員もサジマは大好き。もちろん4日間、毎日通ったもんねー!足に1時間+フルボディ1時間の合計2時間で10ドルの安さ。

いつも思うのはね、外国人のツーリストって元気なんやね。年老いたおじいちゃんおばあちゃん、杖ついてでも巡ってるしね。日本人の老人はいませんでした。私らヤングだってきついのにすごいなーって。

DSC07661.jpg DSC07626.jpg DSC07584.jpg 階段もエグイのね

2日目はまた午前中アンコール巡りして午後からはトンデサップ湖っちゅうとこ行って水上生活を垣間見たよ。ここに行くまでの道のりは舗装されてなくて、バイクタクシーで飛び跳ねまくった。乾季と雨季の時、この湖はとんでもなく伸縮します。そして水上生活では全てのことが水の上のウオーターワールド。引越しもするみたいで、カンボジア人とベトナム人の居住境界線もあったり。住所あんのかな?番地もあんのかな?学校や教会、スーパーも水上です。

DSC07768.jpg KIDSはタライに乗って上手に移動。

毎日昼間からBEER飲みまくってた。暑さのあまりからか、旅行中やからか、まっ昼間のBEERはうまいんだなー。そしてマンゴーシェイク。1ドルもしないし、甘くてウマイ!!

3日目はちょっと遠い遺跡まで足を延ばしたよ。バンデアイ・スレイ。そこの彫刻は現存の状態がすこぶるよくって素晴らしかった。移動中、街は埃まみれの砂まみれ。目が痛いからサングラスは必須なんね。そして太陽が痛いから帽子なかったら倒れるよ。

DSC078331.jpg






Angkor Wat 2 ごはん

投稿者:チナミ in 旅行記  2008年 05月 10日 土曜日 at 8:46:18

カンボジア料理はベトナムとタイに似てて、全て美味しかった!ハズレなし。 

DSC07898.JPG かぼちゃプリン

DSC07894.JPG 豚肉の冷麺

DSC07893.JPG セロリと椎茸の炒め物

DSC07891.JPG カンボジアンスープと春巻き

DSC07867.JPG 蛙とグリーンペッパー炒め

DSC07795.JPG 庶民の朝食、温麺

DSC07793.JPG カンボジア鍋

DSC07791.JPG 屋台

DSC07789.JPG 庶民のスイーツ盛り合わせ

DSC07787.JPG 孵化寸前のアヒルのゆで卵

DSC07741.JPG もつ炒めにサンドイッチ

DSC07647.JPG 雷魚のココナッツスープ煮

DSC07643.JPG 生春巻き

DSC07642.JPG 空心菜のニンニク炒め

DSC07591.JPG トムヤムクン

DSC07552.JPG 焼きそば






« 前の泣きページへ